膣内射精障害の治療法

膣内射精障害とは、女性膣内での射精障害のことです。
女性膣内に男性の陰茎ペニスを挿入できないことから射精できない障害が起こることです。
また、膣内に挿入はできるものの、オーガズムに達することができず射精ができない、いわゆる遅漏症ともいえる状態も含める場合もあります。

これは、不妊の原因の一つとなっています。
男性側の要因としては、勃起不全EDや早漏症などが挙げられます。
女性側の要因がある場合もあります。
性交困難症や膣痙などにより挿入困難となる場合です。
この膣内射精障害の治療法としては、承認された治療薬は特にないため、オナニーホールによる治療法などがあります。
この治療法は、マスターベーションでは射精が可能であるのに性交時に射精できない症状の場合に行われます。

この行動療法による治療には、パートナーの協力が大切となります。
徐々に男性をリラックスさせ、不安や義務感を取り除いていきます。
そして、これを徐々に性行為へとつなげていきます。
また、原因の一つである早漏の治療としては、陰茎を刺激し射精の予感がする前に刺激を中断することを3回行い、4回目に射精するというストップアンドスタート法などで訓練することにより改善していきます。
早漏を改善することで、膣内射精障害も改善されます。

早漏改善のためには、病院での専門の治療を行っていきます。
それらは主に薬による治療となってきますが、人によっては副作用を強く感じる人もいます。
このようなときは、医師に相談をしながら自分に合う薬で治療を続けます。
このような治療から、早漏改善となる効果が期待できます。
しかしその効果の表れは、人によってさまざまです。
そのことから、ゆっくりと治療していくことが大事です。
ここでその効果を期待するあまり、心配が募ってしまいます。

このような過剰な心配はストレスとなるので、早漏改善のためには良くありません。
早漏改善に近づくためには、無理ない治療を心掛けることが大切なことなのです。
早漏治療には、プリリジーやタダポックスなどがよく利用させます。
これらは、個人輸入代行業者などのサービスを使えば、ネット通販感覚で購入可能です。