針灸治療法で早漏を治す

多くの西洋医学で治療回復できない早漏患者が、針灸治療法による治療で改善されているケースがあります。
独自の電気鍼灸技術で全身の症状を改善させ、早漏患者を救っています。

また完治した早漏患者の多くは数年経っても再発されずに快適な性生活を過ごされています。
早漏を治すには薬による服用と針灸治療法でより効果を発揮します。

針灸治療では一人一人の症状にあわせて、きめ細やかな針灸を施します。
特殊なツボに針を刺し微弱電流を流すと、骨盤内動脈の血液量が増え、性器への血流供給が増えるようになり、射精中枢の健常化を高め射精コントロールを改善します。

また視床下部を活性化し勃起継続時間を長くします。
早漏は陰茎の勃起が不完全・完全に関係なく、陰茎からの刺激が射精中枢に十分に蓄積されないまま精嚢が収縮してしまう事が原因で、視床下部からの刺激が過剰に強く、勃起中枢の興奮が射精中枢に伝わり発生してしまいます。

また早漏治療の遅れは精神的な不安に繋がり、勃起障害を併発する可能性もあります。
早漏針灸治療では平均射精時間が13秒の患者が468秒まで改善されたケースが報告されており、性交による精神的ストレスも軽減します。
薬は効果の効き目が早い分、副作用がありますが、針灸治療では副作用はないので安心して治療に専念できるのが特徴です。